おもちゃのサブスクの対象年齢は、生後3か月から6歳までになっている会社が多いのですが、中には4歳までを対象にしている会社もありますし、小学校3年生くらいまで利用できるおもちゃのサブスクもあります。生後3か月から6歳までを対象にしている会社が多い理由にはどのようなことがあるのだろうか、気になる人も多いといえましょう。生後3か月を迎えると目がはっきり見えるようになる、握力も強くなるので握る動作ができるようになる、耳が聞こえるなど脳の発達が起こるタイミングです。そのため、3か月くらいから知育玩具で遊べるような環境を作ればお子さんの成長にも良い影響を与えてくれることになるわけです。

知育玩具は購入することもできるのですが、生後半年くらいになると飽きてしまって既存の知育玩具では遊ぶこともなくなる、常に新しいものを購入しなければならなくなりますし、0歳児の知育玩具は場所を取るものが多いので購入すると遊ばないものが家の中を占拠するなどのデメリットもあります。おもちゃのサブスクはレンタルサービスで、2か月くらいで返却するサイクルになるため飽きてしまった頃には返却して新しいものが届きます。そのため、無駄なく知育境域ができるメリットを持ちます。6歳までの知育教育はとても重要とされており、この間に脳の発達に良いことをしておくのが理想です。

しかし、小さなお子さん勉強ばかりさせるのは困難です。知育玩具なら遊びながら賢くなれるなどのメリットがある、無駄なく利用可能なおもちゃのサブスクへの人気が集まっているなどの理由もあります。おもちゃのサブスクのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です